資源のムダ遣いを少なくするためにも照明のLED化が推奨されます

現代の状況ではLED照明は不可欠の考え方です

先進国は工場などから排出される二酸化炭素等の排出量を減らすことで地球の温暖化を阻止しようとしています。一方発展途上にある国や新興国が経済発展して行くにはこの排出量を規制するには経済的に限界もあります。せめて先進国としてそれを実現して行こうとしていてそれにはこの照明のLED化が日本の専売特許のようなもので将来も大いに期待が持たれています。少しずつではありますがLED球の販売も行われ、価格も少しづつ下がって来ているようです。

これを推進するには国の後押しも必要かも

米国はシェールガスの開発や産出に成功し、中東の産油国も最近は原油価格を引き下げざるを得なくなって来ているようです。しかし原油が安くなったからと言って火力発電に頼るというのも問題であり、いかにして二酸化炭素の排出量を抑えるべきかに力を注ぐべきとされています。先々では原子力発電には頼らない方針であることから、今後火力発電機器の改良や排出部分にこれを取り除くようなフィルターのような望ましい開発が期待されています。先進国日本であれば不可能なことではないと思われるものです。

具体的な方法としては

家庭でできる省エネの方法としては、住宅建設の際に高気蜜・高断熱の住宅にすることや、新築でない場合にはこれに代わる遮熱・断熱塗料による外壁や屋根塗装のリフォームを進めて行くことがあげられます。小さな工夫としては電池を使ったセンサーライトの利用やソーラー発電と平行して蓄電池の利用も1つの方法となります。そして企業は執務室等で使われている蛍光照明はLEDの直管式照明器具に取り換えることが効果的と見られています。会社の内部留保金をこれらの設備費に回すことが出来れば国としても相当の省エネを達成することができると考えられます。

LEDライトパネルは、国内を代表する工業製品のひとつとして知られており、様々な点で応用することが出来ます。