こんな太陽光発電方法も将来には現れるかも!

太陽光発電は現在盛んに勧められています

一時は1週間に2回ぐらいの割合で電話で太陽光発電の勧誘を受けたこともあったものです。しかしこれを取り付けるとなると中途からでは初期費用も多くかかり、たとえ補助金が出るとしても毎月の返済金を捻出しなければならず、屋根の面積や向き、年間の平均日照時間などの条件をクリアする必要があります。返済期間は10年から15年は見ていかなければなりません。その点新築時に設置する場合であれば何かと都合の良い点も多くあります。

途中から設置する場合は

住宅は年数を重ねるごとに劣化して来るものです。そして家族の構成や人数も変化して来ます。現在の電力需要というのも設置段階では検討事項になります。余り電力使用量が多くない場合に果たして補助金を受けて工事を進めるべきかという問題があります。又、何代かに渡る住宅の場合には屋根下地を手直しする場合もあるでしょうし、工事には外部足場を築く必要もあります。いずれは取り壊されることもあるとすれば補助金の返済中にそういう時期が来るかも知れません。

太陽光発電も研究がなされて来ています

これまでに太陽光パネルも研究がなされ、ソーラーカーに設置してレースが行われた時期もありました。1980年代以降の一時期には日本瓦に組み込んで住宅の屋根面すべで受光する方法も実験や模索された時期もありました。最近は薄型のソラーーパネルが開発されて曲面の状態で発電も行うことが可能になって来ました。このことは将来は自家用車のボディに組み込んであらゆる方向から受光及び発電ができることも可能となります。今後はソーラーパネルをユニット化して互いに自由に連結することが可能になれば、外装タイルやサイジング、外壁ボード、あるいは屋根瓦として建設時に組み込むことで大幅にそして全国的にソーラー発電を促進することができるようになると思われます。

太陽光発電は、自然に優しい発電方法のひとつであり、環境保護のために取り組んでいる企業が年々増加しています。