どんなことが分かるの?定期的に受けたい婦人科検診

子宮や卵巣の異常を早期発見できます

婦人科検診は、何より子宮や卵巣の病気を早期発見するために必要です。仮に婦人科系の癌が見つかっても、早い段階で治療を始めれば治る可能性も高くなります。健診を受けることは、自分の命を守るためにできる対策なのです。発見される子宮や卵巣の異常としては、悪性腫瘍以外にも、子宮筋腫や卵巣嚢腫などの良性腫瘍もあります。また、びらんと呼ばれる子宮の入り口のただれなども見つかる場合があるでしょう。びらんや良性腫瘍は時に癌化することもありますが、定期的に健診を受けていれば安心です。

性病などの感染症が見つかる場合があります

婦人科検診では、自分では気付きにくい性病などの感染症が見つかる場合もあります。何となく体がだるかったり、デリケートゾーンの周辺に不快感があったりする場合は、ケジラミなどに感染している可能性もあるでしょう。性病は自覚症状が出ないものも多く、気付かずに性行為をするとピンポン感染してしまいます。また不妊や癌のリスクが高まる性病もあるので、きちんと治さなければなりません。そうした性病も、婦人科検診を受ければ診てもらえるのです。

信頼できるかかりつけの婦人科を見つけておこう

女性にとっては、婦人科という場所はさまざまなときに役に立つものです。若いときの生理不順をはじめ、結婚後になかなか妊娠できなくて悩むこともあるかもしれません。年を取ってからは、更年期の悩みも出てくるでしょう。婦人科検診を定期的に受けることで、自分の体をよく理解してもらうことができるので、そういう病院であれば何か問題が生じたり症状が出たときでも信頼して受診できます。自分に合ったかかりつけの婦人科を見つけて、定期的に診てもらうようにすると良いですね。

巣鴨の婦人科はいくつかあります。どの婦人科もHPがあります。婦人科は、なかなか行きにくいですが、調べて安心して行くことが出来ます。