これでモヤモヤしない!確定申告の仕方を解説します

まずは必要な情報を集めましょう

まずはご自身に確定申告の必要があるか情報を集めて確認しましょう。フリーランスの方はもちろん、企業に勤めているサラリーマンの方でも長期の入院をした場合や住宅ローンを組んだ場合、扶養家族が増えた場合、ふるさと納税を行った場合、災害や盗難などに見舞われた場合などは確定申告をすると税金の還付を受けることができます。過去を振り返り、確定申告に関係しそうな事柄がなかったか確認し、不明なときは最寄りの税務署に相談することをおすすめします。

必要書類を揃えて申告書を作成しましょう

確定申告の必要があることが確認できたら申告に必要な書類を揃えていきます。必要な書類とは例えば領収書や生命保険などの控除証明書、源泉徴収票などが挙げられます。これらの書類は税務署への申告の際、申告書と一緒に添付する必要があります。次に申告書を入手して必要事項を記入していきます。申告書は最寄りの税務署で取得することもできますし、国税庁のwebサービスを利用すればweb上で簡単に申告書を作成することができます。

税務署に申告書を提出すれば申告完了!

必要書類を揃えて申告書の記入が終わり次第、管轄の税務署に提出すれば申告は完了です。提出はオンラインサービスを利用して行うこともできますが、初心者の方は記載内容に不備や誤りがあることも考えられます。税務署に直接赴いて書類を提出することで内容を確認してもらうことができるため、期日に余裕を持って直接税務署を訪ねることをおすすめします。2度手間にならないよう、必要な書類は揃っているか、申告書に書き漏れはないかチェックをしておくと安心です。

確定申告は特に自営業の方に必要になってくるもので、稼いだ所得に発生する所得税を納める申告納税と納め過ぎた税金を取り戻す還付申告のことを指します。