男性のコンプレックス包茎の治療で保険は効くのか?

包茎治療は基本的に保険がきかない

男性のコンプレックスとなり得る包茎ですが、基本的に保険の適用対象外と考えるべきです。というのも、大多数の日本人の成人男性に包茎の方が多く、それでいて健康上問題が無いためです。コンプレックスとなり得るだけでは、保険の対象となって医療費は減額されないのです。包茎治療を考えるのでしたら、予算は多めに見積もっておくべきでしょう。10万円以上のお金が必要となります。決して少なくない金がですし、病院によっては20万円以上かかる場合もあります。

ほとんどが美容整形扱い

コンプレックスから来る、包茎治療はほとんどが美容整形扱いとみていいでしょう。顔をもっと凛々しくキレイにしたいために行う手術と同じ部類なのです。包茎であることは、デメリットである部分もあります。例えば雑菌が溜まりやすくパートナーの女性に雑菌を映してしまう可能性もあるのです。ですが、そいういったデメリットは女性との性行為の前にしっかりと体を洗っておけば防げるものでもあります。包茎によって健康的なダメージを受けることはそうそうないのです。

しかし、稀に包茎手術でも保険の適用対象に

かといって、全ての包茎に対して保険が適用されないというわけでもありません。包茎も重度の者となると、それこそ上記に記したように雑菌が溜まって、性病にかかりやすくなってしまうのです。重度の包茎となると陰茎や亀頭部分も洗浄するのも大変です。このような、いきすぎた包茎の場合は手術に対して保険が適用されることとなります。しかし、ほとんどの男性は仮性包茎と呼ばれるもので、真性の包茎でありません。大抵の人にとっては関係のない話となるでしょう。

包茎は皮が被ってしまっている分、不潔になりやすいです。また性交の時間も短くなってしまう可能性があるので、きちんと治しておくことが大事です。